私の理想のお風呂

高台にある家で、お風呂からは海が見える。
その海には極々小さい島や岩場があって、だだっ広い海と夕日だけではない感じ。
温泉が引いてあって、使いたい放題。

 

打たせ湯もある。
温泉は無臭で、お風呂に入るとアロマの香りがするお風呂。
露天風呂ではないが、窓が大きく、半露天を味わうことができる。

 

お風呂にしては大きめのテレビがあって、もちろんエアコンも付いている。
エアコンが人間を感知して、ドライヤーの役目もはたす。
その時に体も乾かせるので、ほとんど足拭き、バスタオルは不要になる。

 

床は、冬場は暖かく、夏場はひんやりしている。
家の中だけに通じる電話もあって、1階の電話にも、2階の子機にも通じる。
湯船は広め。

 

半身浴をしながらテレビが見られるよう、おしりが滑らない腰掛けもある。
お風呂場は全て、カビを一切心配することがない強力抗菌コート。
湯船の掃除は自動掃除機がしてくれる。

 

その他の壁や床は、天井に備え付けられた殺菌ミストを降らせることだけでOK。
色々書きましたが、お風呂ストレスが解消されていればそんなにグレードは問わない。
これが理想のお風呂。